住居番号の設定通知書・設定証明書・実施証明書等の発行事務が煩雑である、街区詳細図が旧く適切に更新されていないなど、住居表示に関する事務処理にお困りの自治体様向けにコンパクトで運用し易い住居表示管理システムを提供しております。

特に、紙ベースの資料にて住居表示登録の有無や所在確認を行われているようなケースでは、事務の改善を図る上でも弊社の住居表示管理システムをお薦めいたします。

導入の目的・効果
  • 関連する保存資料について一元的に管理でき、情報の利活用及び紛失・破損等のリスク対応が図れます。
  • 各種の申請受付、証明書の発行などの窓口業務での迅速な対応が図れます。
  • 日常的に発生する住居表示の追加、変更を定期的または随時実施することができ、台帳と図面を常に最新の情報として利用できます。
導入の目的と効果

導入の目的と効果

システムの特徴

  • 業務実態を考慮した操作性に優れたシステム
    初めての方でも簡単に利用できるよう判り易いメニュー構成及び操作手順となっており、 窓口での事務処理では導入して直ぐに運用できるシステムです。
  • 柔軟で運用効率の高いシステム
    既存資料などのデータ整備とシステム導入は切り離して実施することができます。データは、所定のデータ仕様に基づき地元企業等にて委託整備し、管理システムにて一括登録できます。
  • 情報の共有・活用が図れるシステム
    庁内ネットワークを介して複数の利用者が同時に利用できます。

システムの機能

街区詳細図

指定した街区について詳細図を確認できます。
新築建物図形の登録などもできます。
地図項目毎に表示のON/OFFが指定でき、目的に応じた図面印刷も可能です。

街区詳細図

メインメニュー

管理システムを起動すると、目的のメニューを選択して処理ができます。

メインメニュー

町丁目図の参照

施設対象の町丁目を一覧リストで選択すると、当該町丁目内の街区リストと町丁目図が確認できます。

町丁目図の参照

新築届け等の登録

新築届、移転届等については、必要な記載事項を登録することにより、通知書や証明書が発行できます。

新築届け等の登録

証明書の発行

該当する住居表示データを登録データから検索して各種証明書を発行できます。
発行履歴は自動的に保存されます。

証明書の発行

その他の主な機能
  • 既存資料の管理
    住居表示台帳、旧新対照表、地番組替表などの既存の紙資料についてもスキャニングして保存することができ、資料の紛失・破損などのリスク軽減が図れます。
  • 運用管理機能の充実
    利用者毎の権限設定、証明書等の発行の自動記録、台帳や図面などの外部ファイルによる一括点検及び登録など、システム運用において必要な機能を整備しています。
  • 住居表示案内板、街区表示板の管理
    住居表示案内板、街区表示板について設置箇所や設置情報について随時登録、更新することができます。地図上の設置場所や資料ファイルも一緒に登録できるため、案内板などの維持管理に役立ちます。
  • 住居表示図の整備機能
    フロンテージの自動配置、街区単位の詳細図の印刷など、住居表示図の整備に必要な機能が用意されています。

動作環境

本システムの動作には以下の環境が必要となります。

対応OS WindowsXP
Windows7
必要メモリ 512MB以上
ディスク容量 120MB(システムのみ)

*WindowsXP、Windows7は、Microsoft社の登録商標です。
*記載の内容および画面デザインは断りなく変更する場合があります。

お問い合わせ先048-836-1441