課税事務においては、土地や家屋の異動を正確に記録し、それらを簡単に抽出して確認できることが求められます。しかし膨大なデータ数になり、また頻繁に異動が発生するため、思うように実現できないというのが現実です。

弊社の公図ファイリングシステムは、大量のデータにも適用でき、異動情報を随時、データ更新することのできる、操作性の高いシステムです。公図に変更があった場合には、再登録することによりデータは更新できるようになっています。異動履歴や関連資料も併せて管理できます。

主なシステム機能

  • 土地台帳の管理
    土地に関する基本情報の管理、土地の異動登録及び異動履歴の管理、関連する旧土地台帳の管理、税務署からの通知情報の管理など、土地に関する各種情報を一元的に管理できます。
  • 建物台帳の管理
    建物に関する基本情報の管理、建物の異動登録及び異動履歴の管理、関連する旧建物台帳の管理、税務署からの通知情報の管理など、建物に関する各種情報を一元的に管理できます。建物は一般建物と区分建物に分けて管理できます。
  • 公図ファイルの参照
    スキャニングされた公図ファイルを図面単位に表示し、地番から容易に公図上の位置が確認できます。また、地番から土地台帳も参照でき、公図と台帳を一緒に確認することができます。
  • 効率的なデータ整備 
    土地台帳、建物台帳、公図ファイルについては、所定のデータ仕様を定め、外部ファイルから一括登録できる機能を提供しています。

操作イメージ

メインメニュー

システムを起動しログインすると、メインメニューが表示されます。
ユーザ毎の利用権限により、利用できる機能が制限されます。

メインメニュー

土地台帳一覧リスト

検索条件を指定して該当する土地台帳を簡単に抽出することができます。

土地台帳一覧リスト

土地台帳の詳細情報

土地登記簿情報を表題部、権利部に分けて管理できます。
各々について異動履歴を登録・管理することができます。

土地台帳の詳細情報

土地台帳の印刷

選択した土地の土地台帳を印刷することができます。

土地台帳の印刷

家屋台帳一覧リスト

検索条件を指定して該当する家屋台帳を簡単に抽出することができます。
一覧リストには一般建物、区分建物が表示されます。

家屋台帳一覧リスト

一般建物の詳細情報

一般建物は、表題部、付属建物、権利部に分けて登録、参照できます。

一般建物の詳細情報

区分建物の詳細情報

区分建物は、棟表題部、土地、専有表題部、敷地権、権利部に分けて登録、参照できます。

区分建物の詳細情報

区分建物台帳の印刷

建物登記簿と同様の情報について台帳として印刷できます。

区分建物台帳の印刷

公図の参照

土地台帳から対応する公図(スキャニング)を表示できます。
公図を参照すると同時に、土地台帳を確認することもできます。

公図の参照

公図の印刷

対象の土地について印刷して利用することができます。

公図の印刷

データ整備とシステム管理

所定のデータ仕様で作成したデータを一括登録できます。

データ整備とシステム管理

土地関連のデータ整備

土地台帳、土地税通、旧土地台帳などを整備することができます。

土地関連のデータ整備

動作環境

本システムの動作には以下の環境が必要となります。

対応OS WindowsXP
Windows7
必要メモリ 512MB以上
ディスク容量 120MB(システムのみ)

*WindowsXPは、Microsoft社の登録商標です。
*記載の内容および画面デザインは断りなく変更する場合があります。

お問い合わせ先048-836-1441